ピンチがチャンスになる

社内に問題が発生し、外部のコンサルティングを依頼する必要があるような場合、問題のある企業をネガティブな視点からマイナス評価するコンサルタントと、社内の問題点が浮上する事で、まだまだ、伸びしろがある企業であるというプラス的な要素として判断をするコンサルタントに分かれる事があります。
実際に、何も問題点が浮上しない企業自体に、何かしらの特殊な問題があるのではないかというのが、私自身の発想なのですが、問題点のない企業などは、存在しないというような前提で、物事を考えた方が、コンサルタントとしての視点としては、着実なものさしとなる尺度を得られるのではないかと考えています。
ピンチは、チャンスであるという名言のもと、社内の問題に向き合ってみると、提示された問題点には、ネガティブ要素が薄くなり、新たな機動力としての瞬発力を得るための突破口として受け入れる体制が構築されるようなケースもあります。どのような問題解決の場においても、○○べきであるという、方針を打ち立てるよりも、○○でありたい、○○を成し遂げたいというような、人々の意志表示に切り替える事で、多くのミッションはクリアし易くなるのではないかと考えています。

サイト制作者

社員2

cinna💛

こんにちはみなさん。

はじめまして。cinnaです💛
この前エスカレーターに乗りたくて友達に「エスカレーターに乗ろう!」
と言おうとしたら間違えて「エレベーターに乗ろう!」と言ってしまいました...
たまに言い間違えてしまいます:-O
さてご意見ご要望等々!お気軽にお問い合わせください😊
consult@thaitastecincinnati.com

新着記事投稿