人を動かすコンサルタント

企業内の問題解決の中で、最も重要視されている事は、問題解決の方法がみつかった後に、どれほどの人間が動いてくれるのであろうかといった、現実的な行動力です。
「AI」が、的確なコンサルタントの問題解決方法を打ち出したとしても、実際の現場の人間には、「感情」というものが存在します。どんなに、冷淡なビジネスの現場であっても、人間が事業に関わっている限り、感情というものが存在するのです。
コンサルティングを行う中で、人間の感情を読み取る事は、最も困難な事であるとする人々もいるくらい、ビジネスパーソンの心理状況を読み解く事は、困難であります。
ですから、問題解決に向かって、ベストな方法を編み出したとしても、その解決方法に、現場の人々が賛同してくれない限りは、ベストな解決方法に結びつかないというような事を表わしています。場数を踏んだコンサルタントの多くは、このような、ビジネスパーソンの感情の動きなどを読み取る事も、経験値として蓄えている人々も多くいる事が、大きな違いとして現れる事があります。皆さんも、ミィーティングの場などで、意見が食い違う人々をどう動かしていくか・・・、といった悩みにぶちあたった経験などが、あるのではないでしょうか。
コンサルティングの工程の中で、問題解決の糸口を見つける事は、スタートラインにやっと立てたようなものです。そこから、どのように人々を動かしていくかといった、戦略の考案が、新たな大きな問題となって立ちはばかる事もあるのです。
コンサルティングの中で、人を動かす事ほど、やっかいな問題はないかもしれません。
今やアメリカや中国だけでなくシンガポールやタイにもコンサルタントは進出しています。国境を越えた場所でもコンサルタントは必要とされているのです。

サイト制作者

社員2

cinna💛

こんにちはみなさん。

はじめまして。cinnaです💛
この前エスカレーターに乗りたくて友達に「エスカレーターに乗ろう!」
と言おうとしたら間違えて「エレベーターに乗ろう!」と言ってしまいました...
たまに言い間違えてしまいます:-O
さてご意見ご要望等々!お気軽にお問い合わせください😊
consult@thaitastecincinnati.com

新着記事投稿