ゴールと行動力

コンサルタントとしての難問は、社内の業務改善や問題解決に向けて、ある程度の分析を行い、問題点が見えてきた時点で、コンサルタントの成功を示唆するような道筋やプロセスを打ち出す中で、方針や目標を掲げただけで満足してしまい、そこから、実際に行動を起こしたり、目標を実現するに至るまでのゴールを見失わないでいる事にもあります。リアルなコンサルタントとは、問題解決に向けたプロセスや軌道が、早い段階でハッキリと見えたとしても、時には、故意に遠回りしなくてはならない事もあるのです。ビジネスの現場で体制の改善を掲げ、現実的に行動を起こし、目標を実現するという事は、最短距離で様々な物事が問題なく進行するシチュエーションばかりではなく、時には、業務改善のプロセスの中などでも、さらなる新たな複雑な問題点が浮上するような事も日常茶飯に起こり得る事なのです。そのような時に、目先の問題点に、気を奪われ、当初の目標やゴールを見失ってしまう事も、時としてあります。
もちろんゴール地点が変更される事自体は、問題ないのですが、掲げた目標を達成する中では、目先の事柄に、いちいち振り回されていても、なんの解決にも至らない事もあるのです。海に出た時の航海と同じように、業務改善などを行う際には、ゴール地点を目指す為の目標物を見失ってしまったとしても、軸となる方針や方向性を見極めて、現実味のある行動や実行に移していくというアクションが、常に求められるのです。 

サイト制作者

社員2

cinna💛

こんにちはみなさん。

はじめまして。cinnaです💛
この前エスカレーターに乗りたくて友達に「エスカレーターに乗ろう!」
と言おうとしたら間違えて「エレベーターに乗ろう!」と言ってしまいました...
たまに言い間違えてしまいます:-O
さてご意見ご要望等々!お気軽にお問い合わせください😊
consult@thaitastecincinnati.com

新着記事投稿